海外生活の現実
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰る国がある日本人
他の国からの大学・大学院留学生は、勉強が出来るか出来ないは別として、必死に勉強し、必死に就職活動をしていました。それは何故かと彼らに聞くと、答えはだいたいいつも同じでした。何が何でもこの国で仕事をゲットして残りたい、自分の国の情勢は非常に悪く、どうしても自国に帰りたくない、と・・・そして、日本人は日本というすばらしい国に帰れるからいいな、と言われます。私も必死で勉強して現地に残りたいつもりでしたが、それを聞くたびに心が痛みました。明らかに、多くの留学生は日本よりも恵まれていない国から来ています。日本が現在どれだけ恵まれているのか、改めて実感させられます。

明確な留学の目的を持ち、その目的をきっちり果たして、日本の生活のほうが自分には良いと自信を持って帰り、そして日本で成功する人はたくさんいます。しかし、せっかく高いお金を払って留学したのに、英語さえもあまり上達せず、日本へ帰ってしまう日本人がたくさんいるのも事実です。また、心の隅のどこかに本当は海外に住みたい、という思いがあるにもかかわらず、必死に勉強しないで、そして現地の生徒に溶け込もうともせず、仕方なく日本へ帰っていく人もいるのも事実です。彼らは日本の良さを強調して話す傾向にあります。海外で仕事を得られないのであれば日本で仕事するほうが得策なのは事実です。でも本気で将来海外に残り、海外生活を送りたいと思っている方は、将来日本へ帰るつもりの日本人留学生と同じことをやっていては、海外就職は出来ません。多くの日本人は帰る場所があり、日本に帰る事を前提で留学に来ているので、海外就職を目指す方は、彼らの目的が違うということを自覚する必要があります。

読み終わったらクリックお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/21(火) 15:04:51 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/21(火) 14:59:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright (C) 2011 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。