海外生活の現実
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外から見た日本の悪いところ
海外の生活に慣れて、日本にたまに帰ると、海外と違うことが目立って見えます。下を向いてはずかしそうにしている人たち、満員電車、道徳のない人の多さ、人がごったがえしている場所の多さ、うるさい宣伝テープの流れるスーパー、派手な看板の多い商店街、会社について文句ばかりいっている人、などです。

本当は自分が生まれた国の悪いところを書きたくはありませんし、これを読む方もおそらく日本人の方ですし、このようなものは見たくないと思います。しかし、日本の悪いところは何かをきっちり把握し、そして修正していくには、それらを明確にする必要があります。私の感じた海外から見た日本の悪いところ、大きく以下の4つに分類しました。

1、道徳・モラルの低下

日本より道徳・モラルの悪い国は海外にもありますが、もちろん日本より良い国もあります。しかし、時代とともに徐々に日本人の道徳・モラルが下がっていることは大きな社会問題です。

· 治安、凶悪事件、揉めごと、争いごとの増加
· 偽報告、騙し、談合などの不正、揉めごと、争いが多い社会
· 電車、バスで老人に席を譲らないなど、一般生活におけるモラル、公衆マナーの低下
· ポルノ規制の甘さ
· たばこ、お酒の販売規制、マナーの悪さ
· 愛国心のなさ

2、生活・仕事環境の悪さ

都会集中型の日本では、極端な都会でも、極端な田舎でも、生活環境は悪いと言えます。日本全土がその中間になるよう、政府が地域バランスを考慮しないといけません。それが最も大きな原因です。日本は狭いから生活環境が悪くても仕方がない、と言う人がいますが、そのような言い訳は間違いです。それとは逆に、日本は狭いからこそ、うまく土地利用を考えなければならないのです。日本の田舎にいけば、まだまだ土地がたくさん余っているところありますよね?それらを有効活用すれば良いではないでしょうか?

· うつ病など、生活ストレスからくる精神病の多さ、自殺率の高さ
· 都会の満員電車、交通渋滞、混雑、道の狭さ、交通事故の多さ
· 男尊女卑、男女差別が根強く、女性に不利な社会
· 無駄が多く、効率の悪い社会体制
· 夜遅くまでの仕事、家族よりも仕事重視
· 子供に将来の夢、希望がない
· 公園などの公共設備が少なさ、整備状況の悪さ
· 心のゆとりのなさ、人生を楽しむ余裕のなさ

3、社会問題

海外にも社会問題のたくさんある国はたくさんありますが、日本は将来にむけて多くの深刻な社会問題を抱えています。先進国でここまで多くの社会問題を抱えている国はあまりありません。日本が将来どのような方向へ向かっていくか、その基本となる軸、ポリシーがしっかりしていないのが気がかりです。 日本は、アメリカのような実力格差社会になりたいのでしょうか、それとも北欧のような税金の高い福祉国家になりたいのでしょうか?それとも日本はオリジナルな国を目指すのでしょうか?オリジナルだとしたらその理想像、50年後の目指す日本とはどのような国なのでしょうか?

· 若者の失業率の上昇、格差社会
· いじめ、受験、ゆとり教育などの教育問題
· 年金問題
· 財政赤字
· 年功序列、永久雇用、派遣社員などの雇用問題
· あいまいな法律、ルール

4、人間関係

日本では人と人との関係で問題になることが多いです。もともと歴史的に村社会が基本となっていた日本では、仲間同士ではとても仲良くしますが、他人はあくまで他人、親しくする必要がないと考えます。欧米でも、もちろん他人には特に親しくする必要はありませんが、礼儀をわきまえてフレンドリーに接する人が多いです。私が始めてカナダへ着いた日にレストランで食事をしていたら、となりのテーブルで食事をとっているカナダ人が気軽に声をかけてきたことは、とても印象的でした。

子供のいじめ問題が取り上げられていますが、その原因は明らかに大人社会にあります。大人の人間関係がうまくいっていないからなのです。大人の人間関係がうまくいかないのに、子供の人間関係がうまくいくわけがないですよね?大人がまず自分たちの問題を解決せずに、子供のいじめをなくそうとしても不可能です。

· 誘いや頼み事を断るとすぐに壊れる人間関係
· 人と違う考え方や違うことをする人を良くないと考える傾向があるため、普通のこと、他人と同じことだけしようとする
· 出る杭は打つ、優秀な人はたたかれるため、優秀になろうとする人が少ない
· 大きな決断を一人で決めなければいないようなことでも、みんなで決めようとする
· 人の居ないところでその人を非難するようなことを言う
· 思ったことをはっきり言葉に出さず、遠まわしで嫌味っぽく言う
· 結論をはっきり自分では出さず、大事な議論を曖昧に終わらせ、あとで問題になる

さて、ここで気づくかもしれませんが、これら4つはお互いに深く関係しているのです。たとえば、道徳・モラルの低下によって人間関係が崩れますし、仕事環境の悪さは社会問題でもありますし、社会問題が原因で経済が発展せず、仕事環境がまたさらに悪くなってしまう、などと、すべてがお互いにリンクしていて、悪循環になっているのです。

私は政治家のプロではないので、これをどうすればよいか、言える能力も権利もありません。それを言えるのは政治のプロだけなので、私は言える立場にないのです。たとえば、テレビで日本の将来について議論が行われていたりますが、彼らも日本の悪いところをひたすら述べたり、政治家のしたことに文句を言ったりしているばかりで、じゃあこれから日本は何をすれば良いのか、政治家はどうすれば日本が良くなるのか、それをきちんと述べている番組はほとんどありません。彼らも政治のプロではなく、言える権利もないのです。本当のプロと言えるのはもちろん政治家、もしくは政治家経験者です。

良いことに対しては褒めずに、悪いことに対しては文句を言う、しかもどうすれば良いかを言わない、これは誰でもできる、全く意味のないことです。そのようなテレビ番組をみて、日本の将来は心配だな、と考えたところで、何か変わりますか?文句を話す時間ははっきりいって無駄で、問題点に対して何をどうすれば良くなるのかをすぐに考え、それを実行する人が本当に社会に役立つ人だと思います。何とか政治家の方々もそれを実行し、日本を良い方向に変えてもらいたいものです。

読み終わったらクリックお願いします→
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/10(月) 09:19:12 | | #[ 編集]
ポルノ規制の甘さ
日本の良い点・悪い点は、私も同感です。

特に、「ポルノ規制の甘さ」は、海外から日本に戻ってきたときに驚きますね。

成人がAV(ポルノ)が見ようが、バイオレンス物(ドラマ・映画・マンガ・アニメの)を見ようが自己責任の問題ですが、未成年、特に、10歳以下の幼い子供の眼に触れる範囲にはそういうものを置かないようにする配慮が日本にはまったくないですね。

女性が表紙の男性向け雑誌も、日本に住んでいるときは何も感じなかったのですが、海外から戻ってくると卑猥な笑みを浮かべたものばかりに感じられ、気持ち悪かったです。

日本は、「女性に不利」な社会というより、「子供を社会の宝として健全に育てよう。大切にしよう」という意識がないように感じられます。そのため、「子供を宿している女性(妊娠中の女性)や育児中の女性を大切にしよう。協力しよう。」という意識が無かったり、「将来、子供を産み、育てる女性の体や心を大切にしよう」という配慮の無さに現れているように感じます。

タイトルの「ポルノ規制の甘さ」とは、別の話になりますが、日本からの留学生のホームステイを断る家庭が欧米で増えてきていると言います。日本の高校生たちは依存心が強く、一人で何もできないし、ホームステイ先の人たちを手伝う気がない「お子様」だから、というのが理由だそうです。日本人は人間として大切なものを年々失っているような気がします。
2012/07/24(火) 22:52:22 | URL | mame #Aw7jlzn2[ 編集]
>治安、凶悪事件、揉めごと、争いごとの増加

これって本当にそうなんですか?
例えば、戦後で殺人認知件数が最悪だったのは、1954年で3081件。
対して05年は1392件、06年は1309件07年1199件。
少年犯罪も増加してると言われておりますが、少子化を考慮しても減少してます。
90年代と比較すると、強盗・窃盗が増加していますが、昭和と比較すると減ってます。

・ ポルノ規制の甘さ
AVにモザイクを加えるのは日本ぐらいでは?
児童ポルノも着実に法整備されてきてます。
ポルノ規制を進めすぎた結果、性犯罪が急増し、規制緩和したら減ったという国もあります。
米でも強姦件数は減っており、それについて米ノースウェスタン大学ロースクール、ダマト教
授は、ポルノの普及が理由という説を発表してます。
重要なのは性犯罪との関係だと思います。
ちなみに、日本での強姦は年々減少しており、昭和とは比較になりません。

日本での凶悪犯罪は減少傾向にあります。しかしアンケートをしてみると治安悪化(それも凶
悪化)してると考える人は増えてるようです。マスコミの報道を鵜呑みにするのは危険です。

>愛国心のなさ
本当に酷いことになってます。
国旗制定記念日に、日の丸を鞄にさしてたら警察に職質されました、、、
2009/04/07(火) 19:11:23 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/10(火) 01:14:23 | | #[ 編集]
本当そう思います。
書かれていること、全て納得します。本当にそうです。何年も海外で暮らし、帰国した際、全く馴染めず違和感がずっとありました。

日本にいると挨拶もしない生活で、とっても寂しい国だな、と思います。明るくオープンに国際的になっていけば、日本はとてもいい国になると思うのですが。
マナーを守ろうといって、電車では携帯で話すことを禁じているけれど、それより大事なのは、お年寄りや妊婦の方に席を譲ることのように思います。実際席を譲ると、お年寄りの方がびっくりした顔をしていて、周りの人々もいきなり話しかけるのが珍しいのか見ていて、大丈夫か、日本!と思いました。

周りに合わせすぎなんですよね、きっと。
息を殺したような雰囲気の電車は、リラックス出来ません。
2008/01/04(金) 21:08:15 | URL | MM #-[ 編集]
書き込み失礼いたします。
はじめまして。私はカナダワーキングホリデーから最近帰国したものです。書かれていること、まさにそうだと思います。帰国後、まず思った事は全てがマニュアル化されているということ。日本では、心はあまり感じられず、お金をすごく感じますね。島国という事も、様々な点で関係していると思いました。「生きるゆとり」でしょうね。経済がとても速い分、ゆとりがありませんものね。
外国では考えられない、「過労死」なんて言葉、日本社会を適確に形容していると思いました。

抽象的なコメントお許しください。
2007/10/27(土) 14:13:30 | URL | S・H #-[ 編集]
コメントありがとうございます
そうですねー、日本の道徳、モラルが下がってきているのは確かですね。ただ、海外の道徳、モラルのほうが良いのか、といわれると、もちろん国によって違いますが、必ずしもYESとはいえないと思います。ただ、だからといって道徳、モラルが低下するのは良くないのは確かですよね。
その低下の原因は、私は教育システムだと思います。イギリスが15年以上前に実施した大教育改革、のようなことを、日本もしなければなりません。たとえばイギリスが行ったのは、無断欠席をすると親に罰金が課せられる、などです。私はそこまで教育を考える道のプロではないので、言える権利はないですが、何とか対応してほしいですね。
2007/01/25(木) 01:14:03 | URL | Mapleくん #tHX44QXM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/23(火) 22:10:23 | | #[ 編集]
初めてコメントさせていただきます。
私は日本に住んでいますが、Mapleさんのブログを拝見して今まで気づかなかった事、気づいていても気にしてなかった事が沢山ありました。特にモラルの低下は日本に住んでいる私でも最近「えっ?!」と思うことが良くあります。「自分が良ければ、他人がどう感じようと関係ない」という人が増えてきているんでしょう。若者だけでなく中年の人もです。
2.3日前こんなコマーシャルを初めて見ました、今までこんなCM無かったと思います。
それは、20歳ぐらいの男の子が自分の部屋で音楽を聴きながらハンバーガーを食べています。ソースを床に垂らし、とても下品な食べ方です。まーそこまでは自分の部屋なので良いかも知れませんが・・・実はそこは自分の部屋ではなく電車の中だったのです。男の子は周りを気にすることなくヘッドフォンで音楽を聴きながらひたすら食べ続けています。注意するような人も見当たりません。最後に「日本のマナーが心配です」との言葉が入ります。
ありえない事のようですが、実際これに近い事が多々あります。ですが私も注意する勇気はありませんでした。結局みんな見てみぬふりでした。
恐らく毎日の生活に疲れ、心にゆとりが無いのだと思います。ゆとりが無いから他人を気遣う暇も無い、他人なんて関係ないという風潮が強くなってきているんだと思います。
私自身もゆとりを持った生活を心掛けたいです。
2007/01/23(火) 21:55:25 | URL | chico #qfe1dUzA[ 編集]
コメントありがとうございます
たくさんのコメントありがとうございます。読んでいただいて、とても嬉しいです。ちょっとこのブログは、本を作成する途中段階の下書きで読みにくい点もあるかもしれませんが、ご了承ください。
Hughさん
そうですね、アメリカの社会問題も日本とちょっと似ているものもありますよね。格差の問題や、医療保険の問題、不法移民の問題など、問題は山済みだと思います。私が1年半アメリカに住んだだけでも多くの社会問題を知ることができたので、実際にはもっと多くの問題があることでしょう。よかったら色々教えてください。
Kittyさん
同じカナダに住んでいらっしゃる方からのコメント、嬉しいです。そのまんま東の県知事当選、本当、ありえませんよね。ただ問題は彼でも県民でもなく、本当に優秀な人が県知事などの政治家になろうと思うようなシステムを作っていないことだと思います。政治家になりたい人、少ないですよね?たとえば政治家の給料を上げるなど、優秀な政治家が増えるような対策が必要だと思います。
問題が起きたときに責任者が辞める、というのはこちら欧米でもあります。ただし、こちら欧米の企業ではTop-Downで、責任者が示す方向性、判断に部下は必ず従う、それに対して部下がお金をもらっている、という形があるため、すべて責任者に責任があるというのは利にかなっています。日本の会社では上司が決断をせずになーなーで事が進んでしまい、それで悪いことが起きてしまう、ということがありますよね。おっしゃるとおり、これはシステムの問題だと思います。でも、そのきちんとしたシステムを作る責任は誰にあるか、それは責任者だと思います。ただ、そのようなことが起きた時に誰がやった、自分はしてない、などと、人に責任を押し付けようとしる、それもおかしいことですよね。
2007/01/22(月) 08:32:40 | URL | Mapleくん #tHX44QXM[ 編集]
トカゲの尻尾きり
はじめまして。トロントに在住のものです。ご指摘の日本の悪い点、うなづきながら読ませていただきました。
さらにもうひとつ。日本では問題が起こったときに、とりあえず責任者が辞めて責任をとったことにして、その後の調査の結果がうやむやになることが多い気がします。調査が終わった頃にはマスコミの興味が失せていて、報道されないのかもしれませんが。システム自体の問題なのに、とりあえず個人に責任を擦り付けておしまいということが日本の弱点と感じています。
今日の日本のニュースでも驚くことがありました。過去に婦女暴行で問題になった人物が県知事に選ばれたとのこと。男性の異性問題には日本人は甘いのかもしれません。
2007/01/22(月) 07:20:03 | URL | kitty #s60kviDM[ 編集]
またまたお邪魔させてもらってます。
これだけのコメントをまとめるのも
すごい労力ですよね。ご苦労様です。
日本の問題点、私も最近すごく気になっています。久々の帰国で感じたのは「鬱」「幼児虐待」そして「いじめ」が未だにニュースを賑わしていることでした。
もし自分に力があったらマスコミと政治を変えたいのですが、所詮今の自分では遠吠えに過ぎません。それでも、自分と同じ考えを持った人がいることを知ることができるのはITのおかげですね(^^)
とはいえ、こちらアメリカでも同様の問題が起きていて、長い間先送りにされてきた問題がいよいよ鬱積してとんでもないことになるというコラムや本が流行っています。いつのころもこういう煽り系の本がエコノミスト・作家達の稼ぎだったのかも知れませんが、どうにも他人事に思えなくなってきたのは私だけでしょうか・・・
2007/01/21(日) 23:40:46 | URL | Hugh #-[ 編集]
コメントありがとうございます
そうですね、海外に住むと、日本の良いところも悪いところも見えてきますよね。日本人ももっと海外を知って、日本の良いところ悪いところを理解し、そしてそれを修正していくような人が増えていけばと思っています。
一つ思ったのですが、アメリカやカナダが海外のすべてではないということにも、注意しないといけませんよね。アメリカ、カナダ、日本、というのは世界でみても、TOP10の豊かな国に入っている国であって、その他170以上の国はこの3カ国よりも恵まれてないと思うんです。つまり、海外、といってすべての国をひとまとめに考えるのも、本当は良くないのかもしれませんね。
2007/01/20(土) 11:36:56 | URL | Mapleくん #tHX44QXM[ 編集]
Mapleさん、初めてお邪魔しました。
おっしゃること、ごもっともだと思いました。totally agreeです(笑)。
こう言うことって、距離をおいて初めて分かることなんだろうなぁと思いました。
日本にいるころは、それが当然と思い込み、特に不自然さに気がつきませんでしたが、こちらに来ると、かなり事情が違っている...。
で、しばらくすると、それが普通に思えてくる。そうすると、日本の悪いところが見えてくる。
と言う感じです。
ただ、逆に、「アメリカと違って、日本のこう言うところが良いなぁ」とも思えるんですよね。
面白い記事、ありがとうございました。
またお邪魔します。
2007/01/20(土) 10:37:36 | URL | Masa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright (C) 2011 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。