海外生活の現実
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外送金体験談
海外へお金を送金する、これって言葉に書くのは簡単ですが、結構面倒なことです。海外送金はどうされましたか、という質問が多かったので、こちらでお答えします。私の場合、住宅費、自動車購入、大学院授業料などをアメリカ、カナダへ送金する必要がありました。

電子海外送金
もっともノーマルな手段は日本の銀行から海外の銀行への海外送金です。まず一番最初に必要なのは、海外現地で銀行のアカウントを作ることです。ほとんどの銀行はその国に住所がなければ作れませんが、一部例外のある銀行もあります。日本出発前にいくつか絞っておき、メール、国際電話などで問い合わせがほうが良いでしょう。アカウントができたら、次にそのアカウントを日本の銀行に、海外送金先として登録する必要があります。銀行によって変わるとは思いますが、1-2週間かかります。私の場合、Citibankで1週間程度でした。手数料は銀行にもよりますが、日本側の銀行で2000円程度、海外側の銀行で2000円程度、が相場だと思われます。またCitibankのゴールドカードなどを持っていると海外送金が無料になる、などのサービスもあります。これも銀行によりますが一度の送金で最大200万円まで可能です。また税務署への届出も必要となります。

トラベラーズチェック
基本的にトラベラーズチェックは旅行者向けですので、お勧めできません。多くの銀行は、多額のトラベラーズチェックを発行してくれません。多くて300万円程度です。さらに、100万円以上のトラベラーズチェックを海外へ持ち出すときには、税関へ申請が必要、また海外の税関でもさらに申請が必要となります。目的などを深く追求されます。きちんと書類などをそろえておきましょう。

主にこの2つが海外へお金を移動させる手段です。

読み終わったらクリックお願いします→
スポンサーサイト

Copyright (C) 2011 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。