海外生活の現実
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダのレストラン
カナダでいくつかのレストランへ行くうちに面白い事実に気づきました。これはまずい!口に合わない!と感じたことが、アメリカに比べて、あまりないのです。アメリカで私が感じたことは、おいしいレストランはものすごく美味しいですが、まずいところはものすごくまずいのです。それに比べると、カナダではどこへ行っても、あまり大きく外すことはありません。会社でもカフェテリアがあり、ランチを毎日食べていたが、悪くはないです。ケベック州のレストランでは、フランス料理に似たケベック料理を食べられます。また、スーパーで購入する野菜、肉、魚、果物は、とても新鮮です。カナダ人にこのことを話しても、他の国の事情をあまり知らないこともあり、カナダの食料が特別新鮮で美味しいとは思っていないようです。

一応カナダの良いところに入れましたが、もちろん私は日本人ですので、毎日とる食事は日本食のほうが合うのは事実です。その日本食ですが、アメリカでもカナダでも、大きな都市ではほとんど手にはいります。お米、麺類はもちろん、納豆、山芋、日本から輸入の冷凍魚などまで売っています。

読み終わったらクリックお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Copyright (C) 2011 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。